Fisher 37(フイッシャー37)

Fisher 37(フイッシャー37)

Fisher(フイッシャー)37は、Southerly(サウザリ社)が販売していた北欧の漁船型パイロットハウスを備えたダブルエンダーのモーターセーラーだ。

フイッシャー37の外見の特徴は船尾とパイロットハウスの前窓

Nauticat(ナウティキャット)など多くのモーターセーラーのパイロットハウス前窓が自動車などと同じ傾斜なのに対し、フイッシャー37のパイロットハウス前窓は逆の傾斜である。
自動車を見慣れている人には奇異に映るかも知れないが、商船を始めとした大型船た軍艦などの窓はこのフイッシャー37のパイロットハウス前窓と同じ自動車とは逆の傾斜である。
これは、前方からの反射や窓への映り込みを防ぐための措置で、船舶はその大きさに対して、速度上窓の形状による空気抵抗が問題にならないので、安全や操船し易さのためにこの形状がされている。
このため、フイッシャー37は大型艦船の好きな人には数少ない「大型船タイプの操舵席」を味わえるヨットとなっている。
ちなみに、モーターボートやヨットでこのタイプの前窓が余り採用されないのは、自動車と比べる一般ユーザーに受け止められやすくすることと、操縦席周りのレイアウトを自動車と同じようにでき、前窓内を広く使えるためらしい。

参考諸元(造船時期・施主要望等で差異有り)

型名Fisher 37
販売SOUTHERLY YACHT SERVICES
設計者Wyatt and Freeman
造船所Northshore Yachts(UK)
初艇進水1973年
建造数140以上
船殻形状ロングキール
重量14.224 トン
バラスト4.99 トン
バラスト比35 %
全長11.33 m
全幅3.66 m
喫水1.6 m
水面高NA m
水線長9.91 m
ハルスピード7.6 ノット
排水量/水線長比414
エンジン100馬力Yanmar
重量/馬力比167 kg
機走速度9 ノット(巡航6~8 ノット)
リグケッチ / インナーフォアステイ有
参考セールエリア73.393㎡
燃料タンク379 ㍑
清水タンク379 ㍑
汚水タンクNA ㍑
ジェネレータNA
エアコンNA
備考
※ハルスピードについてはロングキール艇等の排水量型船型で用いられる、√水線長(ft)×1.34の概算値を記しています。実際の最高速は船型や排水量によっても異なり、機走時においては重量/馬力が120kgを下回る場合はハルスピード以上(外国のサイトには15%増などのレポートもあるが詳細確認できず)の航行も可能となるようです。
※「排水量/水線長比」は「D/L比」とも記され、本参考例では排水量(トン)を水線長(ft)の三乗で割った値の百万倍(10の6乗)を記しています。また、350以上を重排水量、300前後をやや重排水量、250を中排水量(以下はクルージングヨットには少ないので略)と言われています。
※全長についてはメーカーサイト等に公表されているものを参考にしていますが、バウパルピットが含まれていない場合も多く、実測長とは異なるものとなります。

希少なダブルエンダーのモーターセーラー

モーターセーラーの多くは船尾にトランサムがあるタイプで、両舷が船尾でつながっているダブルエンダータイプのモーターセーラーは以外に少ないので、クラシカルな船型を持ったFisherシリーズは貴重な存在だ。
以下はSoutherly(サウザリ社)各艇のリンク
フィッシャー37 http://www.southerly.com/yachts/fisher/37/
このシリーズには37の他34や25がある。
フィッシャー34 http://www.southerly.com/yachts/fisher/34/
フィッシャー25 http://www.southerly.com/yachts/fisher/25/
また、過去には「Fisher Super 46」というより大きいモデルがあり、中古のタマ数が少ないため高値で取引されている。
1977 Fisher Super 46(ヨットワールドの中古艇情報)
9フィートの差だが、水線長40フィートとなり、内装も格段に豪華で操舵席の舵輪と相まって船好きには垂涎のモーターセーラーだ。

アビームで7ノットの走りを見せるフイッシャー37 fisher 37″ 7 knots

元サイトで動画を視聴: YouTube.

パイロットハウス(キャビン)への出入りはアフトデッキのスライドドアのため、ヒール時も安全だ。 Fisher 37 for sale by Yachting Company Muiderzand!

元サイトで動画を視聴: YouTube.