Hans Christian 33(ハンスクリスチャン33)

Hans Christian 33(ハンスクリスチャン33)

ハンスクリスチャンはまさに古き良き時代の帆船の面影を留めているトラディショナルなダブルエンダーのシリーズだ。

最小モデルにして重厚な帆船の存在感

シリーズの中で最小モデルとなるハンスクリスチャン33にあっても、チークデッキ周囲はチークキャップのついた全周ブルワークに囲まれ、そのブルワークにはムアリングホールが設けられている。 長く伸びたバウスプリットとロングキールのハルにケッチリグの組み合わせもバランスが良い。 さすがにコックピットは小さいが、ラット周りはコンパクトにまとめられているので、適当なドジャーを誂えればシングルやショートハンドにはむしろ最適のコックピットとなる。

参考諸元(造船時期・施主要望等で差異有り)

型名Hans Christian 33
販売Hans Christian Yachts
設計者Harwood S. Ives
造船所Pantawee Marine Ltd.他
初艇進水1980 年
建造数155 以上
船殻形状ロングキール
重量8.39 トン
バラスト3.08 トン
バラスト比37 %
全長10.06 m
全幅3.53 m
喫水1.67 m
水面高NA
水線長8.89 m
ハルスピード7.2 ノット
排水量/水線長比338
エンジン30馬力 Yanmar 3QM30
重量/馬力比280 kg
機走速度6 ノット(巡航5 ノット)
リグカッター
参考セールエリア56 ㎡
燃料タンク340 ㍑
清水タンク340 ㍑
汚水タンク114 ㍑
ジェネレータOP(3kw Westerbeke)
エアコンNA
備考
※ハルスピードについてはロングキール艇等の排水量型船型で用いられる、√水線長(ft)×1.34の概算値を記しています。実際の最高速は船型や排水量によっても異なり、機走時においては重量/馬力比が120kgを下回る場合はハルスピード以上(外国のサイトには15%増などのレポートもあるが詳細確認できず)の航行も可能となるようです。 ※「排水量/水線長比」は「D/L比」とも記され、本参考例では排水量(トン)を水線長(ft)の三乗で割った値の百万倍(10の6乗)を記しています。また、350以上を重排水量、300前後をやや重排水量、250を中排水量(以下はクルージングヨットには少ないので略)と言われています。 ※全長についてはメーカーサイト等に公表されているものを参考にしていますが、バウパルピットが含まれていない場合も多く、実測長とは異なるものとなります。

33フィートとは思えない広いキャビン

ハンスクリスチャン33の標準的なキャビンレイアウトは、ステップを置いたポート側にギャレーが用意され、その前にはテーブルを下げて簡易バースにもできるL字ソファーとスターボード側のベンチシート、さらにはダブルバースがバウよりのポート側に1つとスタンよりのスターボード側に1つ、そしてバウにヘッドルームがある配置だ。 バウにヘッドルームは好き嫌いの分かれるところだが、ヘッドと言う位で昔なら必ずバウにあったことを考えると、トラディショナルにこだわっていると言えるだろう。

船齢35年とは思えない程の行き届いたハンスクリスチャン33「Prism」によるクルージングの様子、ソーラパネルやウインドベーンについて詳しく解説、クリンカー張りを模したテンダーもVery Nice!

元サイトで動画を視聴: YouTube.

22~27ノットの風を受けてメンスルを下し、リーフしたジブだけでクルーズするハンスクリスチャン33

元サイトで動画を視聴: YouTube.

ハンスクリスチャン33でフロリダからメリーランドまでのクルージングを短くまとめたビデオ

元サイトで動画を視聴: YouTube.

Hans Christian Offshore Cutter 33 – “Valiant Lady”

元サイトで動画を視聴: YouTube.

Hans Christian 33 Cutter rigged Sailboat Walk Through

元サイトで動画を視聴: YouTube.

Hans Christian 33 sailboat Deck Re-Caulk

元サイトで動画を視聴: YouTube.

Hans Christian 33 Gaspé Perle Noire

元サイトで動画を視聴: YouTube.

Hans Christian 33 s/v Gitana

元サイトで動画を視聴: YouTube.