Nauticat 38(ナウティキャット38)

Nauticat 38(ナウティキャット38)

ナウティキャット38は現在のナウティキャット3姉妹の中堅モデル。
家族や友人の人数が多くてナウティキャット33では手狭だがナウティキャット44では手に余るという人にうってつけのモデルだ。

旧モデルと異なるセミロングキール

ナウティキャット38はナウティキャットのトラディショナルスタイル3姉妹の中間に位置するクルーザーだが、ナウティキャット44がフルロングキールなのに対し、ナウティキャット331と同じセミロングキールとスケグ付きラダーの組み合わせとなっている点だ。
これは、ロングキール艇はアスターン時の舵利きが鈍いため、狭い港内で回頭するとき、ナウティキャット33がようにボートフックや人力で対処したり、大きいナウティキャット44がバウスラスターを装備して対処するのに対して、ナウティキャット38は人力に頼るには重い艇体ながらバウスラスターを装備するのには費用の面で躊躇するサイズなので、フルキールを諦めることで対処したといえるだろう。

参考諸元(造船時期・施主要望等で差異有り)

型名Nauticat 38 (現行)
販売Nauticat Yachts
設計者NA
造船所Nauticat Yachts
初艇進水NA
建造数NA
船殻形状セミロングキール+スケグ付ラダー
重量11 トン
バラスト3.1 トン
バラスト比28 %
全長11.8 m(ハルのみ)
全幅3.4 m
喫水1.8 m
水面高15.3 m
水線長9.25 m
ハルスピード7.4 ノット
排水量/水線長比394
エンジン110馬力(3200 rpm)Yanmar 4JH4-HTE
重量/馬力比110 kg
機走速度8 ノット
リグケッチ
参考セールエリア64.2 ㎡(メイン・ミズン・ジェノア)
燃料タンク600 ㍑
清水タンク400 ㍑
汚水タンク80 ㍑
ジェネレータOP
エアコンOP
備考
※ハルスピードについてはロングキール艇等の排水量型船型で用いられる、√水線長(ft)×1.34の概算値を記しています。実際の最高速は船型や排水量によっても異なり、機走時においては重量/馬力比が120kgを下回る場合はハルスピード以上(外国のサイトには15%増などのレポートもあるが詳細確認できず)の航行も可能となるようです。
※「排水量/水線長比」は「D/L比」とも記され、本参考例では排水量(トン)を水線長(ft)の三乗で割った値の百万倍(10の6乗)を記しています。また、350以上を重排水量、300前後をやや重排水量、250を中排水量(以下はクルージングヨットには少ないので略)と言われています。
※全長についてはメーカーサイト等に公表されているものを参考にしていますが、バウパルピットが含まれていない場合も多く、実測長とは異なるものとなます。

馬力アップで旧モデルより機走性能が向上

ナウティキャット33や44の現行モデルが331や441となっているのに対し、ナウティキャット38だけが381となっていないのは、ナウティキャット38がナウティキャット36をベースアップしたモデルのためだ。
旧モデルのナウティキャット36に比べて全長で80センチ、重量で1トン増えているが、水線長は15センチ短く排水量/水線長比も大きく、バラスト比も下がっているが標準のエンジンは90馬力から110馬力へパワーアップしているので機走性能は上まわっているようだ。

ナウティキャットのトラディショナルは好き嫌いが分かれる

スタンダードなインテリア配置ではラットがパイロット達の中央部分にあり、ポートサイドからメインキャビンへ降りるようになる。
パイロット初のスタボー側には大きなチャートスペースが用意されているので大判の海図を広げることができる。
パイロットハウスへの出入りはキャットウォーク(両舷通路)からとなり、ドアは引戸なので操船の邪魔にならず、両舷を開ければビミニトップ以上の視界と、一般的な窓の小さなモータセーラーとは比較にならない解放感を味わえる。
38フィートながら、独立したバウキャビンとアフトキャビンを備え、さらにはギャレー一体化したメインキャビンとパイロットハウスの4エリアを備えたこの艇は艇外はもとより艇内でのプライバシーも確保された、クルージングを楽しむための西欧的なプライベート空間を大事にした艇と言える。

ゾディアックのインフレータブルを曳航して雨の中を進むナウティキャット38

元サイトで動画を視聴: YouTube.

チークデッキは当然のことながらブルワークにもチークキャップが奢られている。ライフラフトはこの手ではドッグハウスの前に設置されている。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

スタンショントップはチークハンドルで繋がり、中段にもライフラインが回されている。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

バウのブルワークを兼ねたフレアー部のお蔭で、パイロットハウスのウインドウに飛んでくるスプレーも抑えられる。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

両舷ドアを開け放しての気ままなクルーズ。

元サイトで動画を視聴: YouTube.